自動化されたシステムと正確なデータでコンプライアンス対策をシンプルに

Voyagerは、最も厳格な航海基準に準拠しています。常に変化し続けるあらゆるルールや規制に適応し、より多くのお客様に信頼いただけるよう進化し続けます。

複雑化するレギュレーションによりヒューマンエラーが発生する確率は高くなっています。Voyagerのデータと自動化されたシステムがそれらのリスクを軽減します。

Ship management

PSCや検査における問題点を考える

SOLAS要件に沿って各船に必要なコンプライアンスを検証します。実際のナビゲーションにおいて行われている業務と、各レギュレーションを照らし合わせることで、問題点を改善することができます。

検船が行われる可能性が高い港を特定し、事前対策を講じる

船舶別、および港別の検査データを表示します。検船が行われる可能性が高い港と、検査官が注視している検査項目を把握することができ、入港前に準備を整えることができます。

ナビゲーションツールの購買を最適化

安全な航海に必要なナビゲーションツールを正確に把握し、無駄のない購買を実現します。電子海図などのデジタル商品は購入後にデータ配信され、すぐに使用することができます。

詳しい資料を見る

ブリッジにおける問題点

各船が抱える問題点の傾向を特定し、素早く、効率的に解決に導きます。

Vessel navigation

最新の情報を常に船舶へ配信します

電子海図、電子書籍のアップデートデータ、水路通報のデータは毎週ダウンロードされ、コンプライアンス違反を防止します。

安全性を高め、ECDISを有効活用する

各船の喫水や船の高さ、その他船舶のデータを考慮し、航海ルートに危険がないかを自動的にチェックします。

Discover more on vessel navigation

設定された航海ルートに必要なプロダクトを自動的に識別する

Digital safety checks automatically compare the navigational data between waypoints with the vessel’s draught, height and other specifications.

Discover more on vessel navigation

設定された航海ルートに必要なプロダクトを自動的に識別する

Voyagerが識別したプロダクトは海図上、またはリストとして表示されます。全商品から選択するのではなく、推奨商品リストからアイテムの追加、削除をすることで、乗組員の業務を軽減することができます。

Passage Planの書類が簡単に作成できます

各Waypointごとの、ENC, ADP, AENP, T&P, NavArea Warnings, UKC計算, MARPOL情報を自動的に記録します。

コンプライアンスリソース

ナビゲーションにおける4つのキーワード

海運会社、船舶管理会社がデジタルナビゲーションを活用できる4つの主要分野をご紹介します。

詳しい資料を見る

世界中で1100社以上の企業がVoyagerを活用し、安全性とコンプライアンス問題を改善しています。オペレーション上の状況を正確に把握し、より効率的な業務改善を実現しております。

Voyager Worldwideについてもっと詳しく

実際の様子を見る

デモをみる

Yokohama +81 45 650 1380 Kobe +81 78 332 3422 までお電話を、もしくはVoyager Worldwideからの連絡を希望する。

Voyager Worldwideからの連絡を希望する。